一般歯科

虫歯治療

できるだけ痛みのない治療

治療前の麻酔。あの感覚が怖くてなかなか治療を受ける気になれないという方も多いのではないでしょうか。当院では、そんな方にも安心してご来院いただけるよう、麻酔を工夫しています。まず、麻酔シールを歯茎に貼り付け、5分程度置きます。すると歯茎の表面が痺れてきますので、そこで麻酔注射を打ちます。その時は電動麻酔器や人肌に温めた麻酔液を使用しますので、液が注入される際の痛みも軽減されます。

咬み合わせのことまで考えた治療

虫歯を削った際は、金属やセラミックなどで作られた詰め物・被せ物を取り付けることになります。この時、治療したところに大きな負担がかかる咬み合わせになってしまうと、せっかく治療で入れた詰め物・被せ物が外れやすくなってしまい、場合によっては顎関節症などを引き起こすこともあります。そのため、当院では1本1本の歯をきちんと治すのはもちろん、常に噛み合わせ全体のことを考えて治療を進めていきます。

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、細菌によって歯茎に炎症を起こし、さらに悪化すると歯を支えている骨が溶けて歯を失ってしまう怖い病気です。治療をする際は、医院で歯石除去などをすることが必要となりますが、ご自宅での正しい歯磨きも欠かせません。歯周病治療は、いかにお口の中を衛生的な環境にするかが勝負です。根気良く続けていけば目に見えて改善していきますので、一緒に頑張っていきましょう。

歯ぎしりが歯周病を悪化させる!?

人間は、誰しも寝ている時に歯ぎしりをすると言われており、昼間のストレスを発散させる重要な役割があると考えられています。しかし、歯ぎしりを続けていると歯に大きな負担がかかり、歯が揺すられて歯周病が悪化してしまうこともあります。そのため、当院では歯ぎしりをしても歯に負担がかからない「正しい咬み合わせ」を実現するための治療を行っています。

小児歯科

お子さんの治療をする時に最も大事なのは、歯医者さん嫌いにさせないことです。そのために当院では、まず女性の歯科衛生士が対応し、少しずつ院内に慣れていっていただくようにしています。中には最初は椅子に座れない子もいますが、決して押さえつけるようなことはありません。なお、ご自宅で「歯医者さんは痛くない」と断言してしまうと、少しでも痛みを感じた時に信頼を失い、二度と歯医者さんに行きたがらない状態になってしまうこともありますので、「痛くない」とは言わないようお願いします。

レーザー治療

当院では、炭酸ガスレーザーを用いた治療を行っています。虫歯予防、知覚過敏、歯茎の切除など幅広い目的で使用しており、特に歯茎を切る際はメスを使う時よりも出血量や痛みが少なく、治りが早いというメリットがあります。