歯が抜けてしまった方へ

インプラント

インプラントは、歯を失ってしまった際に、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込む治療です。骨にしっかりと支えられた根っこの上に人工の歯を取り付けるため、しっかりと噛めるようになります。また、取り付ける歯は1本ずつ自立させることができるため、残っている自分の歯に負担をかけて、さらに多くの歯を失ってしまうリスクを抑えられます。

インプラントのメリット

  • しっかり噛める
  • 目立たない
  • 他の歯に負担をかけない

インプラントのデメリット

  • 外科的な手術が必要
  • 治療期間が長い(数ヶ月)
  • 保険診療外

当院のインプラント治療

杉本歯科医院では、安全性と精密性を重視したインプラント治療を行っています。

CT検査
まずは必ずCT検査を実施しますので、お口の中の様子を立体的な画像で詳細に把握することができます。
シミュレーション
専用の診断ソフトを使い、どこにどうインプラントを埋め込むのかを、コンピューター上でシミュレーションします。
ガイド
実際の口腔外科手術でもシミュレーション通りに治療を進められるようガイドを作製します。これによって、診断ソフト通りの位置・深さ・角度が再現されます。
安全再優先
安全再優先で治療を進めていきますので、難症例の患者さんに無理に治療を勧めるようなことは一切ありません。
GBR
歯周病や生まれつきの体質によって顎の骨が足りていない方には、骨造成剤をインプラントと一緒に埋め込む処置も行っています。

入れ歯

入れ歯にはいくつも種類があり、それぞれの特徴を踏まえて一人ひとりの患者さんに最適なものを選ぶことが重要です。

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯には金属製のバネが付いており、それを他の歯に引っ掛けて固定します。しかし、このバネはお口を開けた時に目立ってしまうという欠点がありました。そこで開発されたのがノンクラスプデンチャーです。この入れ歯にはバネがついておらず歯茎だけで支えられるように設計されています。そのため、お口を開けても入れ歯を使用していることがほとんどわかりません。

金属床デンチャー

保険の入れ歯はプラスチック素材で作られていますが、強度を保つために分厚く作らなければならないという欠点がありました。金属床デンチャーは、土台部分が金属でできているため、薄くて丈夫に仕上げることが可能です。さらに、金属は温度を伝えやすいという性質もありますので、飲み物や食べ物の温度を感じることができ、味を損ないません。

インプラントオーバーデンチャー

奥歯を欠損した場合は、入れ歯を入れても沈み込みが大きく、しっかりと噛むことができません。しかし、インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯を装着すればしっかりと支えることができます。また、この時は金属床の入れ歯を使用しますので、そのメリットも得ることが可能です。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失った箇所の両隣に残っている歯を削り、それらを支えにして人工の歯を取り付ける治療方法です。残っている歯でしっかりと支えることができますが、その分負担がかかるというデメリットもあります。当院では、できるだけ歯を削らないインレーブリッジや、目立たないように歯の裏側のみを削るブリッジにも対応しています。ただし、これらの方法では強度が劣ることになるため、患者さんとよく相談させていただき、何を優先するのかを考える必要があります。